不動産関連の資格である宅地建物取引士

不動産関連の資格である宅地建物取引士

不動産

不動産関連の資格である宅地建物取引士

不動産に関する国家資格には様々なものがありますが、宅地建物取引士が有名であり、毎年多くの人が試験を受験しています。
この国家資格を持っていることで、宅地建物取引業者として働くことが出来、取引の際に重要事項説明を行う時などには資格者証の提示が必要とされます。
不動産関連の企業に就職する場合には、この宅地建物取引士の資格を持っていると評価が高くなります。
この試験の試験内容は、民法や不動産関連の法規、宅地建物取引業法などから出題されており、実務においても役立つ内容となっています。
試験を通じて勉強した知識は、仕事でも役立てることが出来るので、不動産関連の企業に勤めている人は、スキルアップのために取得するとよいでしょう。
さらに、企業によっては、資格手当を支給しているところもあるので、持っていることで給料にも反映されることになります。
宅地建物取引士を取得した後は、さらにレベルの高い関連資格に挑戦する人も多くなっています。

お知らせ

一覧

マイホーム購入時にチェックしておくべきこと

老後の安定の為に1つは持っていたいもの

不動産関連の資格である宅地建物取引士

種類の多い不動産会社の業態に応じた資格を取得